スイッチ打鍵試験装置

 スイッチ打鍵試験機コントローラ STS-2020
概要
スイッチ打鍵試験機コントローラ(STS-2020)は、各種スイッチの耐久試験機として、打鍵装置(別売)に取り付けられたソレノイドを動作させ、被試験スイッチの自動打鍵を行なうためのコントローラです。


下の画像をクリックすると動画にて試験状態を御覧頂けます。
 特長
 
ソレノイドの駆動信号は、PWM制御方式により人の指でスイッチを押す感覚で制御しています。
   
ソレノイドに流す電流は、定電流方式を採用しているため、ソレノイドの温度が上昇しても一定
  の押し圧力で被試験スイッチを打鍵します。

   
ソレノイドに流す電流の可変により任意な押し圧力で、被試験スイッチを打鍵します。
   
コントローラ1ユニットで8本のソレノイドを駆動する事が出来ます。
   
1スイッチ当たり1秒間に最大5回まで打鍵でき、試験の短縮化を図れます。
   
被試験スイッチからのON/OFF信号を検出する事が出来、打鍵動作途中で被試験スイッチの
  良否を検査できます。

   
スイッチ打鍵動作はパソコンで設定します。また、試験回数等の確認はパソコンまたはタブレット
  端末でモニタします。

   
パソコンまたはタブレット端末とコントローラはUSBケーブルで接続して通信をします。
   
コントローラ1ユニットでの制御を8本までにしたことで、被試験スイッチの数量に合わせて最適
  なシステム構成が出来る事と、打鍵設定をパソコンで行うため、安価なシステムが構築出来ます。
 ダウンロード  
仕  様  書  STS-2020仕様書
 コントロールソフトウェア  ダウンロード
   
 デモ機のお貸出し
導入を検討されているお客様へ、デモ機の貸出しを行っております。製品をご購入頂く前に実際に操作をして
打鍵動作の確認をして頂けます。
デモ機貸出し希望のお客様は、メールにて用途等をご入力の上ご送信下さい。
 打鍵装置の設計・製作
被試験スイッチの配列、試験・検査用途に合わせた特注打鍵装置(カスタム)をお客様の仕様により、設計・製作致します。お気軽にご相談下さい。


copyright©2021 SOBU SYSTEM all rights reserved.